読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塹壕よりScrumとXP

この本(PDF)はScrumやXPの導入の良い資料で以下で無料配布されています。
http://www.infoq.com/jp/minibooks/scrum-xp-from-the-trenches


僕が気になったのは以下の点

  • プロダクトバックログの追加 p.17
    • 重要度は、ストーリーをソートするため「だけ」に利用される
  • アジャイルプロセス支援ツール p.18
    • VersionOne、ScrumWorks、XPlanner
  • フォーカスファクター p.32
    • [フォーカスファクタ] = [実際速度] / [稼働人日]
  • プロダクトバックログ インデックスカード p.36
  • 自由研究日 p.80
    • スプリントとスプリントの間に自由研究日を置く
    • スプリント続けるのは全力疾走をつづけることと同じこと。やばい。
  • 速度見積もり p.85
    • フォーカスファクタを決定する
    • 現在コミットしているストーリーにどれくらい焦点を合わせて時間を使うことができているか
  • ScrumとXP p.88
    • Scrumは管理と組織のプラクティス
    • XPはほとんどプログラミングに関するプラクティス
    • ペアプロは効果が高く、導入しやすい。ピアレビューはその次くらい。
  • テスト駆動ツール p.90
  • スプリント同期 p.110
    • 他のチームとのスプリントタームはあわせてしまった方がよい。
    • チーム編成などのタイミングがやりやすい。
    • 各チームにチームリードと言うのをおく
  • スクラムマスタチェックリスト p.134


Scrumを取り入れたいなら、確かに便利な読み物だ。