計算機プログラムの構造と解釈 第二版 P53 問題2.15


誤差が0の区間(この場合1)との積算は、誤差の増加はない。


区間(R1、R2)同士の演算が少ない方が誤差が少なくなる。