読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと

ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと

ソフトウェアアーキテクトが知るべき97のこと


この本を読みました。


いろいろ知るべき事があるなーとかのんびり読んでいましたが、
ソフトウェアアーキテクトっていう職?の役割がとても広いのだな
っと思った次第です。


ソフトウェアのアーキテクトだけではなくて、ビジネスのアーキテクトとしての
素質も求められている。


それとともに、まだまだ職域が定まっていないのだなとおもった。


感想を大きくまとめると、
「うまくいかない」
という事を受け止めて、説明できるのがアーキテクトの仕事なんじゃないかなと思った。


もちろん出来るだけ「うまくいかない」を減らすのもアーキテクトの仕事だが、
それでも「うまくいかない」ことがある。


日本語版ということで、日本人アーキテクトのお話ものってて、
海外の人よりも含蓄のある事を書かれているように感じました。


ふむふむ。